NCECの若返り計画その壱2013/03/03

 オヤジの通勤の足は、初期型のNCECだ。 すでに、納車から7年が経過し、特に足回りのヤレが目立ってきたのも事実。 アルファとプラットフォームを共有するという次期ロードスター(ND?)の発売まで、もうしばらくかかりそうなので、足回りのリニューアルを計画。 最初のステップとして、ボディーの剛性アップからとりかかることにした。

 剛性アップの定番と言えば、まず頭に浮かぶのは、タワーバーだ。
ということで、まずはフロントから選定することに。 クスコとオートエグゼで最後まで悩んだが、一体物ということで、より剛性が高いと判断し、オートエグゼに決定。

Autoexe タワーバー

オヤジのNCECは、VSなので、純正のタワーバーは未装着。 そのため、ボディー側の取り付け部となるパネルが必要になる。 合わせて、以下の部品をディラーで購入。

 *エアーカウルパネル  NE57-56-35XA
 *フランジナット    99940-0801

カウルパネル
 「銀色のチューブの下にあるスタッドのたったプレートがそれ。」

取り付けは結構めんどうそうだが、車検時にお願いしたら、サービスで取り付けてもらうことができた。ラッキー!

タワーバー本体の取り付けは至って簡単。 サスを固定しているナットをいったん取り外し、タワーバーを取り付けたら、付属の新しいナットを、締め付けトルク 62N・m で締め付け。 トルクレンチを用いて規定トルクで締め付けることは重要だ。

エグゼのタワーバー
  「バーの裏側のナットは、エクステンションを駆使して締め付け」

Autoexeタワーバー装着後
 「オートエグゼはマツダ車を専門にしているだけに納まりは Good! 」

さて、取り付け状況をもう一度確認し、いつものドライブコースへ。
動き始めてすぐ感じるのは、フロントのかっちり感。 また、へたったサスペンションでも、ステアリングの反応は、確実にダイレクト感を増しているのがわかる。 その分、ボディーセクションのねじれ感が増したような気がするのと、中立付近の反応の曖昧さが際立つことに。

総じて好印象。。。。なのだが、次の1手が、既に頭の中で回っている。泥沼に一歩足をふみいれてしまったようだ。

やっぱり窓側2012/07/07

飛行機に乗る時は、絶対窓側と決めている。
というのも、窓から見える様々な風景に感動できるからなのだ。
乗るたびに、そのダイナミックさ、美しさの発見がある。

最近のとっておきがこれ。

ブロッケン現象
 
飛行中の機体の影の周りにできたブロッケン現象による虹のリング。
梅雨前線上の雲が厚く、平らだったこと、また、太陽と機体の
位置関係が絶妙にそろったことから現れた現象である。

ブロッケン現象と言えば、登山で目にするものと思っていたが、
ビールを飲みながら、くつろいで見るのもまた乙なものだ。

高度一万メートルから地上を見ると、地図が正しいことがわかる
当たり前なんだけどね。(笑)

高度1万メートルから見た宮古島。
肉眼で見ると、島の周囲のブルーの微妙なグラデーションが美しい。
こればかりは、地図では体験不可能。Google Earth でも無理!

宮古島

宮古島本島の西側にある伊良部島と下地島のアップ。
写真右下に見える滑走路が下地島空港。
ここは、各社のエアラインパイロットが訓練をする専用の空港で、
定期便は設定されていないのだが、飛行機好きには有名な空港だ。

伊良部島と下地島

高度一万メートルでの楽しみは、地上ばかりではない。
上空に目をやると、成層圏の終わりに近づいていることがその色から
察することができる。
まだまだ明るくはあるが、その深い青色がその証だ。
  
高度一万メートルの空

このままさらに高度を上げて行くと、(といっても旅客機では無理
なのだが)こつ然と周囲が暗黒に包まれるそうだ。
そこは、いつかは行ってみたい、NHKが言うところの宇宙の渚だ。

移動時間がエンターテインメントになる窓側は、だからやめられない。

スワンナプーム国際空港(タイ)のWiFi事情2012/04/15

今回は、タイのスワンナプーム国際空港の状況をレポートしよう。

スワンナプーム国際空港は、2006年バンコクの東方32Kmに開港した
比較的新しい空港で、フリーで利用できるWiFiが用意されている。

利用するには、まず、出発フロアにあるインフォメーションカウンターで、インターネットを利用したい旨申し出る必要がある。

すると、台帳に名前、国籍、パスポート番号の記入を求められるので、必要事項を記入すると、接続方法、ユーザーネーム、パスワードが記入された用紙を発行してくれる。

スワンナブーミAPのID&PW
「SSID、ユーザネーム、パスワードが記された用紙」

接続するアクセスポイントのSSIDは、用紙に記されている
「Airport Free Wi-Fi」を選択する。

スワンナブーミAP接続画面
「iPadでの例。Airport Free Wi-Fi が選択された。」

次にブラウザを起動すると、ログイン画面が表示されるので、
渡されたユーザーネーム、パスワードを入力すると、接続される。

スワンナブーミAPログイン画面
    「Free WiFiのログイン画面」

接続品質は、場所によって接続しにくかったり、接続速度も、
ちょっと不安定で決して速いとは言えないが、メール、WEB閲覧には、
問題ないレベルである。

なお、以上の情報は、2012年4月時点のものである。
今後機会があれば、確認内容を反映して行きたい。

新しいiPadを使ってみた2012/03/17

昨日届いた「新しいiPad」を使ってみた。
購入したのは、WiFi 32GB モデルである。

オヤジの場合、iPad2を経由せずに第1世代iPadからの乗り換えである。
従って、第一世代iPadが比較の対象であることをお断りしておきたい。

毎年のように、決して安くはない投資をすることは、大蔵大臣の
承認を得るところからして難しいものだ。
なので、同じような境遇の方も多いんではないだろうか?

さて、結論から言って、今度の「新しいiPad」、買いである。

なにをおいても高精細で美しいディスプレイ。これはほんとに
すばらしい。 なかなか画像でお伝えすることができないのだが、
拡大してみると、フォントのギザギザ感がなく、小さい文字も
つぶれることなく表示される。

           「1st G  iPad の画面」

           「新しいiPad の画面」

写真では、見た目の通り写らないのだが、それでもこれくらいの
差がある。 実際は、もっとシャープで、クリアだ。

デジイチで撮影した写真の表示もすばらしいもので、出先での
作品の確認、iOS5対応の新しいiPhotoを使うと整理、簡易編集が可能で、さらに、ストレージとしても十分に使える性能を有している。

動作そのものについては、スピードの向上というよりも、
反応や、動きの滑らかさ等、体感的な気持ちよさが、
大幅に向上していて、こういったところの作り込みはさすがだ。

クアッドコアのGPUを採用していることから、バッテリーのもちを
心配したが、初代 iPad と比べると、明らかに持ちがいい。
逆に、充電時間は、はっきりわかるほど長くなっている。

このことから、当然、消費に見合ったバッテリー容量の増量が
行われていることが推定される。

しかし、それでも、1st G iPad より軽く、薄くなっていることは、
ハードウエアの進化なんだろう。

今後、気がついたことをレポートして行きたいと思う。

新しいiPad2012/03/16

今日、第三世代となるiPadが発売された。

当初その名称についていくつかの予想があげられていたが、
結局そのどれもがはずれ、なんと、

The new iPad

なる、シンプルな名称での発表となった。
とはいえ、こんどは、なぜこの名称になったのか、
WEB上では、諸説花盛りである。

こう言った部分も、リンゴ屋の魅力の一つだとおもう。
しかし、日本での名称はまんま、新しいiPad・・・・

これでは、想像力も広がらないよね。

銀座での発売開始に千人以上が並んだそうだ。
それから遅れること2時間30分、我が家にも
『新しいiPad』が到着した。

第3世代の実力はいかに?