やっぱり窓側2012/07/07

飛行機に乗る時は、絶対窓側と決めている。
というのも、窓から見える様々な風景に感動できるからなのだ。
乗るたびに、そのダイナミックさ、美しさの発見がある。

最近のとっておきがこれ。

ブロッケン現象
 
飛行中の機体の影の周りにできたブロッケン現象による虹のリング。
梅雨前線上の雲が厚く、平らだったこと、また、太陽と機体の
位置関係が絶妙にそろったことから現れた現象である。

ブロッケン現象と言えば、登山で目にするものと思っていたが、
ビールを飲みながら、くつろいで見るのもまた乙なものだ。

高度一万メートルから地上を見ると、地図が正しいことがわかる
当たり前なんだけどね。(笑)

高度1万メートルから見た宮古島。
肉眼で見ると、島の周囲のブルーの微妙なグラデーションが美しい。
こればかりは、地図では体験不可能。Google Earth でも無理!

宮古島

宮古島本島の西側にある伊良部島と下地島のアップ。
写真右下に見える滑走路が下地島空港。
ここは、各社のエアラインパイロットが訓練をする専用の空港で、
定期便は設定されていないのだが、飛行機好きには有名な空港だ。

伊良部島と下地島

高度一万メートルでの楽しみは、地上ばかりではない。
上空に目をやると、成層圏の終わりに近づいていることがその色から
察することができる。
まだまだ明るくはあるが、その深い青色がその証だ。
  
高度一万メートルの空

このままさらに高度を上げて行くと、(といっても旅客機では無理
なのだが)こつ然と周囲が暗黒に包まれるそうだ。
そこは、いつかは行ってみたい、NHKが言うところの宇宙の渚だ。

移動時間がエンターテインメントになる窓側は、だからやめられない。

スワンナプーム国際空港(タイ)のWiFi事情2012/04/15

今回は、タイのスワンナプーム国際空港の状況をレポートしよう。

スワンナプーム国際空港は、2006年バンコクの東方32Kmに開港した
比較的新しい空港で、フリーで利用できるWiFiが用意されている。

利用するには、まず、出発フロアにあるインフォメーションカウンターで、インターネットを利用したい旨申し出る必要がある。

すると、台帳に名前、国籍、パスポート番号の記入を求められるので、必要事項を記入すると、接続方法、ユーザーネーム、パスワードが記入された用紙を発行してくれる。

スワンナブーミAPのID&PW
「SSID、ユーザネーム、パスワードが記された用紙」

接続するアクセスポイントのSSIDは、用紙に記されている
「Airport Free Wi-Fi」を選択する。

スワンナブーミAP接続画面
「iPadでの例。Airport Free Wi-Fi が選択された。」

次にブラウザを起動すると、ログイン画面が表示されるので、
渡されたユーザーネーム、パスワードを入力すると、接続される。

スワンナブーミAPログイン画面
    「Free WiFiのログイン画面」

接続品質は、場所によって接続しにくかったり、接続速度も、
ちょっと不安定で決して速いとは言えないが、メール、WEB閲覧には、
問題ないレベルである。

なお、以上の情報は、2012年4月時点のものである。
今後機会があれば、確認内容を反映して行きたい。

チャンギ空港のWiFi事情2011/10/11

シンガポールのチャンギ空港は、ハブ空港としての充実した設備と利便性の高さで人気の空港の一つである。

とにかく広大な空港だが、ターミナル1からターミナル3まで、フリーの WiFi を利用して、インターネットアクセスが可能だ。

フリーではあるが、インターネットを利用するには、まず、パスワードなどのアクセスに必要な情報を入手する必要がある。

といっても、これといった手続きも必要なく、各ターミナルに点々とあるインフォメーションカウンターに行って、インターネットに接続したい旨申し出るだけ。

情報の入手の際には、パスポートの提示が必要との情報もあるが、今のところ、提示を求められたことはない。

チャンギインフォメーション
      <インフォメーションカウンターには i と書かれた看板がある>

ログイン情報
         <接続先とパスワードが記載された紙きれ(笑)>

カウンターのお姉さんに申し出ると、すぐに写真のような紙きれを渡してくれる。
あとは、この紙切れに書かれた「wireless@SG」に接続し、ブラウザを起動する。

すると、ログイン画面が表示されるので、SERVICE PROVIDER、USERNAME、PASSWORDの欄に、紙切れに書かれた情報を入力すれば、接続完了である。

入力時、Username入力ボックスには、あらかじめ「@m1net.com.sg」が入力されているので、重複しないように注意が必要だ。

チャンギログイン画面
            <Wireless@SGのログイン画面>

接続スピードは、具体的な速度は測定していないが、体感的には、ストレスなく使用できるレベル。

なお、入手した情報を入力したあとのログインの有効時間は、4時間なので、
待ち時間の利用では十分ではないかと思う。

アジアでビールを飲む2011/09/17

食べ物と一緒で、ビールもその土地土地の味がある。

東南アジアで飲まれているビールは、ローカルビールもあれば、
起源を別に持ち、その地域で醸造されることで普及したものもある。

ローカルビールは、無数に存在するが、特にオヤジの定番ビールがこれ。

Local_Beer
 「左からチンタオ、サンミゲル、タイガー、カールスバーグ、ギネス」

ちなみに、オヤジの指向としては、日本のビールでは、サントリーの
モルツ系が好みなのだが、味については、個人の感想ということで。

さて、一番左側が、日本でも有名なチンタオ(青島)ビールである。
昔はもう少し甘かった気がするが、意外とさっぱりした味で、
後味もすっきりしている。
チンタオビールはアサヒビールと合弁で、中国大陸でスーパードライを
生産しており、その影響がある?

その隣はサンミゲル。
苦み、こく、炭酸のバランスがいい感じで、この中では好みに近い。
元々はフィリピンが起源であるが、香港なんかでは、ビールと言えば、
サンミゲルというくらいよく飲まれている。
サンミゲルは、多角経営をしている会社だが、ビール部門は、
キリンビールに買収されている。

真ん中は、タイガービール。
シンガポールで、ビールと言えばタイガーかアンカーである。
こちらも比較的バランスがよい味をしているが、ちょっと甘めで、
炭酸もあまり強い方ではない。
シンガポールを拠点に、アジア一円で生産されていて、
SQの機内サービスでは、タイガーかそれ以外のビールという選択になる。

その隣は、カールスバーグ。
デンマーク発祥のビールだが、クアラルンプール近郊に醸造所があり、
マレーシアではよく飲まれるビールだ。
味の傾向は、ずばりライト。ハイネケンに似た感じかな。

さて、右端のものは、ギネス。
アイルランド発祥のこのビールは他のと違い、スタウト、
つまり、いわゆる黒ビールである。
まったりとしてフレーバーな濃い味は、とてもインパクトがある。
世界中で、これを置かなければ、パブではないと言われるほど、
スタウトのスタンダードである。

今回の写真にはないが、タイに行けば、シンハーなんかも定番だ。

各地のローカルフードを楽しみながら飲むビールはほんとにうまい。

まもなく日本2011/09/14

東南アジアからの帰国便は、たいてい夜行便になる。

だいたい日本時間の午前2時頃に離陸し、8時頃に到着するスケジュール
となるのだが、眠れと言われても、なかなか眠れるものではない。

そんな夜間飛行ではあるが、天候がよいときに、空が白み始めた頃の
モノクロから、景色が色を取り戻して行く様子は、しばし疲れを忘れる
ひとときで、オヤジの好きな時間だ。

今回は、九州に近づくにつれ、天候が回復してきたので、
写真を撮ってみた。

沖縄東海上、高度1万メートルでの日の出直後はこんな感じ。

高度1万メートルの日の出

写真ではわかりにくいが、雲の立体感とその陰がダイナミック。
また、この時間は瞬く間に色や光の状況が変化する楽しい時間である。

日の出から数分・・・

雲の間から差し込む光がまるで旭日日章旗のよう。

まるで旭日日章旗

太陽がすっかり顔を出した頃、屋久島西海上を通過。
奥が屋久島、手前が口永良部島である。

屋久島と口永良部島

その後、機はディセントに入り、徐々に高度を下げて行く
そして、いよいよ九州本土、美しく弧を描いた鹿児島県の
吹上浜が見えてくる。

鹿児島県吹上浜

さらに降下は続き天草下島上空を通下。
向こうに見えているのは、天草上島、宇土半島。

天草諸島と宇土半島

この高度では、まだ地図で見る海岸線がはっきりと認識できる。

島原半島と普賢岳。鋭角の溶岩ドームがひときわ目立つ。

島原半島と普賢岳

朝もやで見にくいが、諫早湾の潮受け堤防が見えてきた。
明らかに人工的な構造物が違和感を覚える。

諫早湾の潮受け堤防

朝日に輝く有明海と広大な佐賀平野。
クルマで走ると、なるほど「のべた〜」と感じるはずだ。

のべたー:九州北部の方言。広々とした平たい様子を表現する言葉。

朝日に輝く有明海と佐賀平野

さらに機は高度を下げ、呼子付近でいったん玄界灘上に出た後、
反転し最終着陸コースへ乗る。

福岡空港に北側から進入する時は雁ノ巣上空を通過するので、
志賀島、海ノ中道、能古の島がはっきり見える。

それにしても、こうしてみると、海ノ中道はやっぱり狭い。
荒波で知られる玄界灘に面していて、よくも浸食されないものだと思う。

志賀島と海ノ中道

博多湾上空で、フラップダウン、ギアダウンで最終着陸態勢にはいる頃、
懐かしい景色が見えてきた。
ヤフードーム、福岡タワー、博多湾を進む入港前の大型クルーズ船。

福岡でたくさん買い物してくれるとありがたいね。

博多湾上空

そして、着陸。
このひとときは、飛行機好きにとっては、至福の時間なのだ。

定刻より5分遅れて無事、福岡空港に到着し、今回の出張も無事終了。