iOS5とiPad 1G のマルチタスク用ジェスチャー2011/10/30

iOS5 がリリースされた。

おおむね高評価なので、遅ればせながら、iPad 1G(第1世代)のアップデートを行った。

ところが・・・・・・

iOS5 の、200にも上る新しい機能の中の目玉の一つである、マルチタスク用ジェスチャーが、なんとiPad2のみの対応で、iPad(1G) には対応していないのである。

実は、iOS4.X でも、Xcodeデベロッパを使うことで、iPad2 発売前からこの機能を使用できることがわかっていて、オヤジの iPad でも、既に導入できていたのにである。

マルチタスク用ジェスチャーは、これぞ iOS の真骨頂と言ってもいいくらい快適な機能で、一度これを使い始めると、もう元へは戻れない。

それだけに、iOS5 にアップデートしたあと、これが使えないことに愕然としてしまった。

iOS5アップデート後の設定画面
  「iOS5 の設定画面。マルチタスク用ジェスチャの項目がない。」

そこで、何とかならないものかと、いつものようにグーグル先生に聞いてみたら、あったあった、世の中にはすごい方々がいらっしゃって、解決する方法がすでに公開されていた。

使用するアプリが異なる以外は、Mac でも Win でも同じ手順のようだ。

その方法に従って、操作すると、見事に機能するようになった!!

マルチタスキングが復活した
 「対策を行うと、マルチタスク用ジェスチャーの項目が現れた。」

ただ、この方法、一時的に、いわゆる「脱獄」状態にしたあと、内部を書き換えなければならないので、万人にお勧めできるものではない。

また、次のアップデートの際に何らかの障害が発生するかもしれない。

それらのリスクを十分承知の上で、自己責任において実施できる諸兄は、こちらのブログを参考にされたい。

操作については、記事をご覧頂くとして、オヤジがつまずいた点を書いておきたい。

書き換えに使用するアプリを起動した後、iPad を「UFD」モードという電源が入っただけで、起動していない特殊なモードに入れなければならないが、タイミングの問題もあり、これがなかなかむずかしかった。(汗)

参考にした記事の記述とはちょっと違うが、アプリ起動後、
「Jailbrake」ボタンを押したあとのアプリの説明画面状態で、

1. 電源ボタンを押して3秒(以内)経過後、ホームボタンも押す。
2. ホームボタンを押して10秒経過したら、電源ボタンのみ離す。
3. さらにホームボタンを押し続け、iPad を UFD モードに入れる。

こうすれば、必ずしも「Jailbrake」ボタンを押した直後でなくても、UFD モードに入りさいすれば、自動的に認識されて、処理が始まる。

アプリと iPad の操作に時間的なタイミングはないようなので、むしろ、iPad を UFD モードに入れるための操作手順のタイミングの方が難しいかもしれない。

UFD モードに入れないと、iPad 画面に iTunes にケーブルでつなぐイメージが表示され、アプリには UFD モードを検出できなかったというメッセージが表示される。

Xcode を使う方法と違い、リスクと裏腹なので、この辺りがうまく行かない方は、アップルの対応を祈った方がいいのかもしれない。

設定後、いまのところ何の障害もなく使用できている。

MacにiPadをテザリングする2011/08/20

出張のとき、滞在先に WiFi の接続環境があれば、
基本的に Mac , iPad(WiFi) を同時にネットに接続することができる。

しかし、WiFi が Free でなかったり、有線LAN 、USBモデム等の場合、
同時に接続するには、ハブやアダプターを準備したり、そもそも
物理的に接続出来なかったりで、かなりめんどうだ。

そこで、いつものようにグーグル先生に聞いてみた。

iPhone に Mac 、iPad を接続し、iPhone の通信回線を通じて
インターネットに接続する方法、〜これをテザリングという〜
はたくさんヒットするのだが、 iPad を Mac にテザリングする
情報は見当たらなかった。(もっと調べればあるんだろうけど)

まぁ、確かにふつうははあまり必要のないことではあるが、
冒頭でも書いた通り、オヤジの出張時のニーズはあるので、
次の手順で設定を行ってみた。

1.両者の接続はブルートゥースを使うので、
  事前にMac と iPad 間でペアリングを行い、接続を確立しておく。

2.「システム環境設定」→「インターネットとワイヤレス」とたどり、
  「共有」を選択。  


3.表示された設定パネルのサービスから「インターネット共有」を
  選択する。→1 ただし、この時点では、チェックは入れない。
  
  次に、「共有する接続経路」で、Mac 側で使用する
  インターネット接続の種類を選択する。 →2
  (例では、3Gモデムが選択されている。)

  さらに、「相手コンピュータが使用するポート」では、
  ブルートゥースを使用するので、Bluetooth PAN に
  チェックを入れる。 →3
  

4.Mac 、iPad 双方がブルートゥースで接続できていることを確認し、
「インターネット共有」にチェックを入れる。


接続開始してよいかどうかの確認がでるので、「開始」をクリックする。


これで、設定に間違いがなければ、Mac のインターネット接続を
通して(共有して) iPad をインターネットに接続することが
できるはずである。

ブルートゥースを使って、インターネット共有を行う前と後では、
Mac 、iPad ともに、メニューバーに表示されるブルートゥースの
アイコンが変化しているはず。

        「共有前のブルートゥースアイコン」

   「共有後は、アイコンに矢印をつけたような形に変化する。」

 「表示されるアイコンはWiFi時の扇状からクロスリングに変る。」

なお、セキュリティ上、インターネット共有が必要なくなったら、
「インターネット共有」のチェックは外しておくことをお勧めする。

さて、共有しての使用感だが、特に iPad 側が遅いとかもなく、
おおむね、基になる回線速度で接続している感覚である。

なお、AirMac ( WiFi ) でも同じように共有は可能だが、
その際は、当然ながら、Mac のインターネット接続に WiFi を
使うことはできない。

これで、Mac と iPad の連携できるシーンを広げることができた。

*注意
本設定による通信に関しては、接続する回線の制限事項を確認の上
自己責任での利用をお願いします。