新しいiPadを使ってみた2012/03/17

昨日届いた「新しいiPad」を使ってみた。
購入したのは、WiFi 32GB モデルである。

オヤジの場合、iPad2を経由せずに第1世代iPadからの乗り換えである。
従って、第一世代iPadが比較の対象であることをお断りしておきたい。

毎年のように、決して安くはない投資をすることは、大蔵大臣の
承認を得るところからして難しいものだ。
なので、同じような境遇の方も多いんではないだろうか?

さて、結論から言って、今度の「新しいiPad」、買いである。

なにをおいても高精細で美しいディスプレイ。これはほんとに
すばらしい。 なかなか画像でお伝えすることができないのだが、
拡大してみると、フォントのギザギザ感がなく、小さい文字も
つぶれることなく表示される。

           「1st G  iPad の画面」

           「新しいiPad の画面」

写真では、見た目の通り写らないのだが、それでもこれくらいの
差がある。 実際は、もっとシャープで、クリアだ。

デジイチで撮影した写真の表示もすばらしいもので、出先での
作品の確認、iOS5対応の新しいiPhotoを使うと整理、簡易編集が可能で、さらに、ストレージとしても十分に使える性能を有している。

動作そのものについては、スピードの向上というよりも、
反応や、動きの滑らかさ等、体感的な気持ちよさが、
大幅に向上していて、こういったところの作り込みはさすがだ。

クアッドコアのGPUを採用していることから、バッテリーのもちを
心配したが、初代 iPad と比べると、明らかに持ちがいい。
逆に、充電時間は、はっきりわかるほど長くなっている。

このことから、当然、消費に見合ったバッテリー容量の増量が
行われていることが推定される。

しかし、それでも、1st G iPad より軽く、薄くなっていることは、
ハードウエアの進化なんだろう。

今後、気がついたことをレポートして行きたいと思う。