NCECの若返り計画その壱2013/03/03

 オヤジの通勤の足は、初期型のNCECだ。 すでに、納車から7年が経過し、特に足回りのヤレが目立ってきたのも事実。 アルファとプラットフォームを共有するという次期ロードスター(ND?)の発売まで、もうしばらくかかりそうなので、足回りのリニューアルを計画。 最初のステップとして、ボディーの剛性アップからとりかかることにした。

 剛性アップの定番と言えば、まず頭に浮かぶのは、タワーバーだ。
ということで、まずはフロントから選定することに。 クスコとオートエグゼで最後まで悩んだが、一体物ということで、より剛性が高いと判断し、オートエグゼに決定。

Autoexe タワーバー

オヤジのNCECは、VSなので、純正のタワーバーは未装着。 そのため、ボディー側の取り付け部となるパネルが必要になる。 合わせて、以下の部品をディラーで購入。

 *エアーカウルパネル  NE57-56-35XA
 *フランジナット    99940-0801

カウルパネル
 「銀色のチューブの下にあるスタッドのたったプレートがそれ。」

取り付けは結構めんどうそうだが、車検時にお願いしたら、サービスで取り付けてもらうことができた。ラッキー!

タワーバー本体の取り付けは至って簡単。 サスを固定しているナットをいったん取り外し、タワーバーを取り付けたら、付属の新しいナットを、締め付けトルク 62N・m で締め付け。 トルクレンチを用いて規定トルクで締め付けることは重要だ。

エグゼのタワーバー
  「バーの裏側のナットは、エクステンションを駆使して締め付け」

Autoexeタワーバー装着後
 「オートエグゼはマツダ車を専門にしているだけに納まりは Good! 」

さて、取り付け状況をもう一度確認し、いつものドライブコースへ。
動き始めてすぐ感じるのは、フロントのかっちり感。 また、へたったサスペンションでも、ステアリングの反応は、確実にダイレクト感を増しているのがわかる。 その分、ボディーセクションのねじれ感が増したような気がするのと、中立付近の反応の曖昧さが際立つことに。

総じて好印象。。。。なのだが、次の1手が、既に頭の中で回っている。泥沼に一歩足をふみいれてしまったようだ。