やっぱり窓側2012/07/07

飛行機に乗る時は、絶対窓側と決めている。
というのも、窓から見える様々な風景に感動できるからなのだ。
乗るたびに、そのダイナミックさ、美しさの発見がある。

最近のとっておきがこれ。

ブロッケン現象
 
飛行中の機体の影の周りにできたブロッケン現象による虹のリング。
梅雨前線上の雲が厚く、平らだったこと、また、太陽と機体の
位置関係が絶妙にそろったことから現れた現象である。

ブロッケン現象と言えば、登山で目にするものと思っていたが、
ビールを飲みながら、くつろいで見るのもまた乙なものだ。

高度一万メートルから地上を見ると、地図が正しいことがわかる
当たり前なんだけどね。(笑)

高度1万メートルから見た宮古島。
肉眼で見ると、島の周囲のブルーの微妙なグラデーションが美しい。
こればかりは、地図では体験不可能。Google Earth でも無理!

宮古島

宮古島本島の西側にある伊良部島と下地島のアップ。
写真右下に見える滑走路が下地島空港。
ここは、各社のエアラインパイロットが訓練をする専用の空港で、
定期便は設定されていないのだが、飛行機好きには有名な空港だ。

伊良部島と下地島

高度一万メートルでの楽しみは、地上ばかりではない。
上空に目をやると、成層圏の終わりに近づいていることがその色から
察することができる。
まだまだ明るくはあるが、その深い青色がその証だ。
  
高度一万メートルの空

このままさらに高度を上げて行くと、(といっても旅客機では無理
なのだが)こつ然と周囲が暗黒に包まれるそうだ。
そこは、いつかは行ってみたい、NHKが言うところの宇宙の渚だ。

移動時間がエンターテインメントになる窓側は、だからやめられない。