チャンギ空港のWiFi事情2011/10/11

シンガポールのチャンギ空港は、ハブ空港としての充実した設備と利便性の高さで人気の空港の一つである。

とにかく広大な空港だが、ターミナル1からターミナル3まで、フリーの WiFi を利用して、インターネットアクセスが可能だ。

フリーではあるが、インターネットを利用するには、まず、パスワードなどのアクセスに必要な情報を入手する必要がある。

といっても、これといった手続きも必要なく、各ターミナルに点々とあるインフォメーションカウンターに行って、インターネットに接続したい旨申し出るだけ。

情報の入手の際には、パスポートの提示が必要との情報もあるが、今のところ、提示を求められたことはない。

チャンギインフォメーション
      <インフォメーションカウンターには i と書かれた看板がある>

ログイン情報
         <接続先とパスワードが記載された紙きれ(笑)>

カウンターのお姉さんに申し出ると、すぐに写真のような紙きれを渡してくれる。
あとは、この紙切れに書かれた「wireless@SG」に接続し、ブラウザを起動する。

すると、ログイン画面が表示されるので、SERVICE PROVIDER、USERNAME、PASSWORDの欄に、紙切れに書かれた情報を入力すれば、接続完了である。

入力時、Username入力ボックスには、あらかじめ「@m1net.com.sg」が入力されているので、重複しないように注意が必要だ。

チャンギログイン画面
            <Wireless@SGのログイン画面>

接続スピードは、具体的な速度は測定していないが、体感的には、ストレスなく使用できるレベル。

なお、入手した情報を入力したあとのログインの有効時間は、4時間なので、
待ち時間の利用では十分ではないかと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
♪海はXXXな大きいな~
有名な歌ですが、ひらがな三文字XXXは?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://critical-mass.asablo.jp/blog/2011/10/11/6148967/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。