シーズン到来!!2011/10/10

NCと秋の海

めっきり涼しさを増してきた今日この頃。
たっぷりとした光を届けながらも、冬に向かって確実に衰えつつある太陽エネルギーとのバランスが心地良くなってきたら、いよいよ、オープンカーのシーズン到来である。

えっ?シーズンは夏じゃないの? 

と、よく言われるのだが、夏場、日中の炎天下にオープンで走るということは、苦行以外の何物でもない。

なので、太陽を避けて、夜間に走ることになるのだが、気温や湿度が高かったりすると、エアコン入れたほうがよっぽど爽快だったりする。

このところ、出張やら何やらで乗らない日々が続いていたNC。
はたと気付くと、オイル交換の時期がとっくに過ぎているではないか~。

ということで、シーズンインに合わせてオイル交換を行った。

今回チョイスしたのは、Gulf アロー GT30 0W - 30 である。

GT-30
        <Gulf カラーをまとったGulf arrow GT-30 0W - 30>

100%シンセティックのこのオイル、いわゆる低粘度系なのだが、NCは、省燃費オイルグレード 0W - 20 にも対応しているので、問題ないとのこと。

また、NCのワンメイクレースのオフィシャルオイルだそうで、マツダのお墨付きももらっているらしい。

前説はこれくらいにして、早速作業開始。
フロアジャッキでジャッキアップし、ウマに乗せたあと、万一に備えてブロックで生存スペースを確保する。

NCのオイルパンは、アンダーカバーで覆われているので、まずは12mmのレンチでこれを外す。

NCアンダカバー
     <アンダーカバーの取り外しには12mmのレンチを使用する>

ドレンボルトは、17mmのプラグで、進行方向右側にあるので、これを緩めてオイルを排出するが、走行直後は、相当高温なので、やけどには十分注意が必要だ。

オイルドレン
          <オイルドレン口は進行方向右側にある。>

出てきたオイルは、トホホなほど真っ黒に劣化していた。

そのまま、しばらく放置して、古いオイルが抜けきったところで、アルミ製の新しいガスケットをプラグに装着し、仮締め。
その後、トルクレンチで本締めする。

ドレンプラグ
                  <ガスケットのサイズは 20mmX13.7mmX1.3mm>

新しいオイルを規定量注入したあと、ドレンプラグからの漏れが無いことを確認して、アンダーカバーを組み戻して終了。

シーズンの幕開けにふさわしい天気だったので、さっそく、近所の海岸線をテストドライブしてみた。

ディーラー在庫の純正オイル (といっても、銘柄、粘度不明・・・おいおい)を、お任せで入れていたのだが、純正のもっさり感≒粘度高い? に比べてとても軽くなった感じがする。

トルク感も増しているように感じるから、おそらく燃費にも効いてくるはず。

昔は、オイルくらい自分で替えるのはあたりまえだったが、最近のクルマは、ボンネットを開けると、一面カバーで覆われていたりして、「いじるなよっ!」という、メーカーの無言の圧力を感じてしまう。

だから、NAには及ばないまでも、まだまだいじるたのしみのあるNCは、オヤジ世代にとっては、貴重な存在なのだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
♪海はXXXな大きいな~
有名な歌ですが、ひらがな三文字XXXは?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://critical-mass.asablo.jp/blog/2011/10/10/6144659/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。